スプラトゥーン今更ながら買おうか悩む記事。

スポンサーリンク
ゲーム

 

 

 

茶番

「電話ボックス内で張り込む刑事」のフリー写真素材

最近、PS4でやりたいゲームななくなってしまった・・・。

正直今自分が何をやりたいのか全く分からない・・・。

こんなことでガチゲーマーなんて名乗れるわけがない・・・。

 

そもそも俺ごときがガチゲーマーを名乗ること自体が

おこがましかったんだ・・・。

 

FPSに手出してもあんまりうまくならない・・・。

RPGを始めても違うゲームと同時進行で

進めてしまうためそもそもラスボスまでたどり着くことが

少ない・・・。

 

唯一頑張ってやっていた時期が長い、

「ドラクエ10」も今となってはすっかり

飽きてしまってインすらしていない・・・。

 

一年くらいかけて全力で発展させていった

マインクラフトのデータも

PSVITAの本体と一緒にメルカリに

消えていってしまった・・・。

 

 

 

次はどんなゲームを始めようか・・・。

 

 

 

 

そんなことを考えていた時・・・。

 

 

最近知り合ったばかりの女の友達に

言われたんです。

 

 

「木の陰からこちらを覗き込む恥ずかしがり屋の貞子さん」のフリー写真素材

スプラ・・・やれば・・・?(威圧)

 

 

 

拳銃をリロードするスーツ姿の男性

すぐさま戦場に駆けだして参ります。マム。

 

 

 

 

そんなこんなで次にやるゲームは

スプラトゥーン2になったんですよ。

 

 

まあ友達に勧められたのが

決定打になったのは確かですが、

前から弟が

「やりたい」と言っていたのがあったり

なにより自分もかなり流行ってきている

スプラトゥーンの波に乗り遅れた感が

あって少し気になっていたのもありで

そういう事情などがいろいろ複雑に絡み合った

結果。決まったことです。

 

 

決して脅されたとかそういうのでは

ありません。

マジで。

 

 

 

・・・今思ったんですけど

「決して脅されたわけではありません。」

のあとに

「マジで」

ってつけると急に

「うわっ・・・脅されたのかよ」

っていう雰囲気でません?

 

こういうところが日本語が

難しいと言われる由縁なのかなと

思っています。

 

ちなみに上の「マジで」は

今の文に入るためのものなので

100%わざとです。

 

 

 

 

 

 

そもそもスプラトゥーンとは?

待ち合わせ前に相手の特徴をメモする会社員

この記事を書くにあたってネットサーフィンでの

事前調査は全くしていないので

スプラトゥーンを触ったことはおろか、

ユーチューブで実況動画を見た回数も

二桁いかない僕に

「スプラトゥーンとは?」

 

ということを語らせて

万が一にでも間違ったことを言って

ガチスプラ教徒の人にこの記事を

観られたら命まで危ういという

危険な賭けに今僕は出ているんですよね。

 

 

というわけで僕が昔実況動画を

1,2本チラッと見た結果それだけで

わかったことは、

「人生に疲れた人間が

 ゲームの中でイカとして生まれ変わり、

 ゲームの中でまで争いをする」

というのが主なゲーム内容だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真面目に

うぉおお、下からのアングルゥウウウ

結構真面目に言うと、

どうやらイカをモチーフにしたキャラを

使って、インターネットでマッチされた相手のチームと

戦う。というこれだけ聞けば一見

「ただのサバイバルゲームかな?」

くらいにしか思いませんが、

スプラトゥーンだけの特色の一つとして、

「相手を倒すことによって勝つ」

という

今までのサバイバルシューティングゲームと

一変して、

「銃弾として放つインクをマップに

 たくさん塗ったチームの勝ち」

という少しこじらせたゲームのようです。

 

 

 

 

 

でも、難しそう・・・。

バーチャルリアリティーの中で落下しそうな会社員

なんとなくなんですが、

「スプラトゥーンって凄い難しそう」

っていうイメージがあるんですよね僕。

 

なんていうか

「目が血走っている大人が

 奇声をあげながら敵をキルし続けている」

という描写がスプラトゥーンを

考えると浮かんでくるんですよね。

 

なんていうか、

すっごいゆるいゲームみたいなのですが、

それが逆に「真の強者」を

呼びよせているのではないか・・・。みたいな。

 

そんな感じがしてならないのですよ。

 

そんな人生を食いつぶしてかからなければ

いけないゲームに足を踏み入れて本当に

大丈夫なのか・・・。

 

睡眠時間は守られるのか・・・。

 

やっぱり初期から始めるならまだしも、

今更始めるのはもう遅いか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

とかなんとか思って普通に調べてみたら

「うちの娘、4歳でも普通にできてますよ(笑)」

とか、

「どうしよう、5歳の息子よりキルできない・・。」

などのレビューがかかれていたので、

たぶんサバイバルシューティングゲームという

ジャンルながら、

「全年齢対象」という神のバランスを

保ったゲームなのかなと思います。

 

 

まだやってないっていうかそもそも

実況すら見ていないのでわかりませんけど。

 

 

 

 

 

 

つまり

式の二次会から参加する男性

ブログでただ淡々と書いていると記事を

書いている側の人間性とかが記事にでなくなって、

逆効果かなぁ・・・・。と思って

すこしふざけて書いてみたのですが、

どうですか?

 

なんかこっちのほうが人間性が出てて

いいかなぁ~とか思ってるんですよ。僕。

 

 

ん?

 

 

尾行に気づき後ろを振り返る不倫中の男性

やっぱ、だめ?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム
スポンサーリンク
キメラゴンをフォローする
キメラゴン
キメラゴン

現在中二。
アニメ、マンガ、映画、ゲームを
こよなく愛する生粋のオタク気質。
ただし、運動も可。
ブログは小5の時から少しずつかき続けていたが、
落書きのような記事ではなく、”ガチ”で
取り組み始めたのがこのブログ。
Twitterもフォローよろです。
@kimeragon01

キメラゴンをフォローする
鉄のマシュマロ

コメント