<ドラゴンボールZ>名作と呼ばれる4つの理由

スポンサーリンク
アニメ・マンガ・ラノベ
キメラゴン
キメラゴン

どうも、キメラゴンです。

@kimeragon01

にんじん次郎
にんじん次郎

にんじん次郎だ

さて突然ですが皆さん。

皆さんはドラゴンボールという

アニメをご存知でしょうか?

まあ日本人でドラゴンボールという

名前すら知らないということは

ないと思います。

少年ジャンプの超名作漫画で、

漫画界のレジェンドといっても

過言ではないほどの作品です。

そんなドラゴンボールですが

最近アマゾンプライムで

見つけたのを機に

見直し始めたんですよね。

前に観たときはずいぶん小さい

ころだったのでかなり

久しぶりだったので、

うろ覚えだったドラゴンボールの

あらすじを思い出すことが

できたので改めて

「ドラゴンボールがなぜ名作なのか」

という視点で

まとめていきたいと思います。

キメラゴン
キメラゴン

イェァ

にんじん次郎
にんじん次郎

どうしたの?

この記事は「もうすでにドラゴンボールのあらすじを少し知っている」という人が読んでいるという前提で書いています。そのため「あらすじ」等の紹介はしません。ご了承ください。

名作な理由

独特の世界観

腰にひねりを加えることで、キータッチの速度を従来の37倍にまでアップさせる

ドラゴンボールの中で主人公の

悟空や登場人物たちが住んでいる

星は「地球」という

設定になっています。

しかし、作中での地球は

・恐竜いる

・獣と人の混ざりものみたいな

 人間もいる。

・かなり発展している

・けどなぜか武術に

 積極的に取り組んでいる

 人が多い

というような感じでですね。

現実の地球とは大きく

ちがった世界観が

描かれています。

この古くもあり、

しかし新しくもある

ドラゴンボールの

世界観が良い感じに

日本人の好みに

マッチしたから名作に

なった。というのは

あるんじゃないかなと

思います

登場人物同士の関係性

検索順位のせめぎ合いをリアルに持ち込む同業の二人

ドラゴンボールではかなりの

登場人物が出てきますが、

登場人物同士の関係性も

かなりの見どころです。

最新作である、

「ドラゴンボール超」では

悟空にはかなりの仲間がいますが、

その仲間たちはみんな、

「敵」

 ↓

「戦う」

 ↓

「何故か仲間に」

という流れで仲間になっています。

なので、敵だった人が

仲間として一緒に戦ってくれる。

という点はかなり

胸アツです。

中でも僕が好きなのは

「ピッコロ」が仲間になった

ところです。

ピッコロは序盤でかなりの

強敵として悟空に立ちはだかります。

そして悟空に倒されてからは

なんだかんだ仲間として

一緒に戦い始めるのですが、

その中で悟空の息子である

「孫 悟飯」に

武術を教えます。

悟飯に武術を教えるまでは

冷酷無比な悪の大魔王として

完全なる「悪役」だった

ピッコロですが、

悟飯と過ごしていくうちに

少しずつ悟飯に情が移って

いきます。

悟飯に情が移っていたピッコロが

サイヤ人に殺されそうになっていた

悟飯をかばってご飯を

生かすシーンは

なんともいえない感動が

ありました。

キメラゴン
キメラゴン

あそこは泣けたなぁ・・・。

にんじん次郎
にんじん次郎

サイヤ人が攻めてくるところは

なんともいえない緊張感が

あって凄いよかったよな。

キメラゴン
キメラゴン

うん。

にんじん次郎
にんじん次郎

おい!主要メンバーだったのに

めちゃめちゃモブでしかも

ザコっぽい見た目のやつに

やられた例のあの人

ネタ的な感じで出すのやめろよ!

キメラゴン
キメラゴン

サイヤ人のシーンは

栽培されるマンが、

よくられがちで、

ムチャをするため

いじられキャラの

一見スーパサイヤ人3の

悟空に見える人を

倒したところが印象的

だよなぁ・・・。

コメント

  1. […]  鉄のマシュマロ<ドラゴンボールZ>名作と呼ばれる4つの理由http://ch… […]