陽キャでも転校したら全てが変わる。転校前に伝えておきたい3つのこと

スポンサーリンク
転校

どうも、キメラゴンです。

 

この記事にたどり着いたというあなた。

そんなあなたは今現在、

「もうすぐ転校する」

または

「転校してきて不安がいっぱい」

それか、

「キメラゴンのツイッターから」

という、

大きく分けて3パターンに

分類されると思います。

 

というわけで今日は、一年前の

僕が中学一年生で夏休み明けに

転校してきたときに失敗してしまった

転校体験談と、

そこから考える、転校で失敗せず

良い感じに友達を作っていくには

どうすればよかったのか、

何がいけなかったのか。

というのをかなり真面目に書いていきたいと

思います。

 

キメラゴン
キメラゴン

忌むべき記憶が、よみがえる

にんじん次郎
にんじん次郎

それすら記事に、ネタ不足

 

 

転校前のキメラゴン

ちくしょう離職だ

生まれも育ちもスーパー大都会だった

僕は、物心ついたときにはすでに

ゲーム大好きゲーマー人間としての道を

歩み始めていました。

 

もともと、性格は明るく活発で

元気な子供だった僕は、友達づくりも

難なくこなし、スクールカーストで

表すと最上位の存在として

めちゃめちゃエンジョイした小学校時代を

過ごしました。

 

 

中学校に上がった僕は

勉強に積極的じゃなかったため、

頭はかなり悪かったのですが、

中学校でも新しい学校の友達とかと

仲良くなり続け、そこでも

安定のリア充ライフを過ごします。

 

キメラゴン
キメラゴン

まぶしすぎる過去。

もう戻ることはできないんだね・・・。

にんじん次郎
にんじん次郎

そんなに転校後は辛かったのか?

キメラゴン
キメラゴン

ぶっちゃけ生き地獄。

 

 

そして転校へ、めちゃめちゃ根暗になる

「怨めしそうな表情で掴みかかろうとする彼女」のフリー写真素材

中一の夏休み前に転校して、

夏休み明けから新しい中学校に

通うことになった僕は、

「新しい家は前の家よりキレイだし、

 宿題もないし、まじで

 パラダイスや~ん?w」

くらいの気持ちで、

当時ハマっていた「ドラクエ10」に

精を出して、ドラクエ用のブログとかも

立ち上げてめちゃくちゃゲーマーしてました。

 

 

上のやつが、僕が約一年にわたり

運営していたドラクエのブログです。

 

 

そんなこんなで楽しく夏休みを

過ごした僕はいよいよクラスに

紹介されて転校生活が

本格的に始まる日がやってきました。

 

学校生活というもので、

一切転んだことも、辛い目を

みたこともなかったそれまでの僕は

当然のように、

「大丈夫大丈夫。なんだかんだ大丈夫」

みたいな軽い感じで、

転校生活をスタートさせます。

 

 

にんじん次郎
にんじん次郎

それで・・・

うまくいかなかったのか?

キメラゴン
キメラゴン

うん・・・。

結果から言うと、

バリバリ転校生活踏み外して、

同性である男子でも一部の人からは凄く嫌われ、

女子に関しては完全に全員から嫌われる。

という悲劇の転校生活の幕が

切って落とされました。

 

 

キメラゴン
キメラゴン

もうほんと地獄だった。

にんじん次郎
にんじん次郎

うわぉ・・・。

つらかったなー。そりゃ。

キメラゴン
キメラゴン

ほんとだよ。

にんじん次郎
にんじん次郎

で、どうしてそんなふうに

なっちまったんだい?

キメラゴン
キメラゴン

一つずつ説明していくよ。

 

 

どうして転校してから失敗した?

電子タバコの煙ブファーするドイツ人ハーフ

誤解のないように一応説明しますが、

上でかいた感じだと、友達が一人も

いないっていうふうに考えてしまう人も

いるかもしれませんが、

実際は男子の中でも仲良くしてくれる人も

結構いました。

 

しかも、もともと明るくてムードメーカー気質

だった僕と仲良くしてくれていた男子も

ムードメーカーということで、

表面的には転校生活は成功しているかのように

見えていたと思います。

でもその反面で性格上とても

目立っていたため、僕のことを

嫌う人も多数いました。

 

なので、なぜ嫌われたのか?

という要素を一つずつ

考えて行きたいと思います

 

 

 

勉強ができなかった

アイマスクを装着しながら目覚めるビジネスマン

いつもガハガハ笑って遊んでばっかりいた僕は

地頭はいいと言われていましたが、

中学校に入ってからは勉強はからっきしで

成績も面白いくらい低かったです。

 

公立ながら、全国でも屈指の頭の良さを

誇っていた僕の転校先での学校は

みんながみんな

「ガリ勉」といった感じで

勉強に本気になってない人は

それだけで嫌われる原因に

なっていたのかなーと思います。

 

 

 

 

 

価値観がズレていた。

望遠レンズで狙うゲス顔カメラマン

小さいころから両親が

教育熱心で色々なことを教えて貰っていた僕は

とても個性的な子供でした。

(年齢的にはこの記事書いている

今も子供ですが)

 

更に、読書が大好きな両親から

流れてくる様々な偉人たちの本や、

自己啓発本や、スピリチュアル視点で見た人生論、

などなど、僕の年齢では普通知らないような

事を色々と知っていた僕は

他の同年代の子と比べて

かなり価値観がずれていたと思います。

 

基本的に人は、特に中学生とかの世代の子は

集団の中からはぐれるのを非常に

恐れて日々暮らしています。

 

これは小学校の時から蓄積されてきた

経験などからくる心理状態です。

(本人たちは意識してないけど)

 

そのため、

一人でも”普通”からはずれてくる人がいると全員で

攻撃していくというような集団心理が働いてくる

のです。

 

こういうところから、

価値観のずれていた僕は

嫌われる人が多かったのかなと。

 

出る杭は打たれるってやつです。

ま、どこぞのポスターで

”出る杭は打たれ強い”

って書いてあった通り、

僕も強かったので全然大丈夫でしたが。

 

 

 

 

女たらしキャラが付いてしまった。

レースのアイマスクを装着する変態紳士

とはいえ、そもそも友達づくりが

上手だった僕は

僕のことを嫌いだった人を完全に放置して

楽しくは過ごしていました。

 

 

そんな中、思春期真っ盛りの僕としては

恋の1つや2つや3つや4つするものです。

ということで転校してから

4回ほど、彼女が出来て、別れてを

繰り返していました。

 

そして、毎回どこからか付きあってることが

友達に伝わって、

その友達から友達の友達に

伝わってを繰り返していき、

学校全体に僕の

「女たらし」キャラが定着してしまいました。

 

まあ、これに関しては男子からは

「称賛」「冷やかし」という

ある意味いいキャラを確立することに

成功したともとれる結果が返ってきたのですが、

 

女子からの好感度はこれにより

ほぼ全滅といった感じになってしまいました。

 

まあ、同性から凄い嫌われたわけじゃ

なかったので実害なんか

ほとんど0でした。

 

ていうか、女子に嫌われても

少し陰口言われるくらいなので、

鋼よりも強い心さえ持っとけば

全然楽勝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

ふぅぁぁあ よく寝た!

という感じで、僕が転校してからの

学校生活で失敗してしまったのは

以下の理由によるものでした。

①勉強ができなかった

②価値観がズレていた

③女たらしキャラがついてしまった

という三つによるものでした。

 

ただし、勘違いしてほしくないのは

”転校で失敗する理由なんて、

  転校した人の数だけある”

ということ。

 

何よりも大切なのは、

それぞれの学校特有の空気を

素早くキャッチし、

アンチを増やさないこと

意識した上手な立ち回りが

必要ということです。

 

 

これから転校します!っていう人や、

転校してから自分の立ち位置を

つかめないでいて困っているという人がいたら

是非とも僕の失敗例から

自らの学校生活へ繋げていってもらいたいです。

 

 

 

 

つまり

興奮気味のダブルいいね!

キメラゴン
キメラゴン

どうだ・・・。

大変だろう。俺の転校生活。

にんじん次郎
にんじん次郎

思ったんだけどさ、

言うほど失敗してなくね?お前

キメラゴン
キメラゴン

そ、そそそそ、

そんなことねえよ。

にんじん次郎
にんじん次郎

・・・。

お前もしかしてタイトルに

インパクトつけるために、

失敗したことにした?

キメラゴン
キメラゴン

・・・。

それでは皆さん、

ここまで読んでくれて

ありがとう!

さよなら~!

にんじん次郎
にんじん次郎

・・・。

 

 

転校
スポンサーリンク
キメラゴンをフォローする
キメラゴン
キメラゴン

現在中二。
アニメ、マンガ、映画、ゲームを
こよなく愛する生粋のオタク気質。
ただし、運動も可。
ブログは小5の時から少しずつかき続けていたが、
落書きのような記事ではなく、”ガチ”で
取り組み始めたのがこのブログ。
Twitterもフォローよろです。
@kimeragon01

キメラゴンをフォローする
鉄のマシュマロ

コメント

  1. […] […]