映画「雪の華」感想!いろいろとボロが見受けられたB級恋愛映画!中条さんはかわいい。

スポンサーリンク
映画
キメラゴン
キメラゴン

どうも、キメラゴンです。

@kimeragon01

にんじん次郎
にんじん次郎

にんじん次郎だ。

 

さて、2019年の2月1日に

公開された映画「雪の華」ですが、

公開日にさっそく見に行ってみました。

 

今回は映画「雪の華」の

大まかなあらすじと

登場人物一人ひとりの紹介。

そして僕個人の感想などを

記事にしてまとめていきたいなと

思います。

 

にんじん次郎
にんじん次郎

最近映画を公開日に

見ることが多くなったな

キメラゴン
キメラゴン

僕すっごい映画好きだから

早く見たいんだよ

にんじん次郎
にんじん次郎

とはいえ、いくらなんでも

初日狙って行く回数が

多すぎやしないか?

キメラゴン
キメラゴン

それはほら、初日に感想記事

書いたほうがブログにもいいでしょ?

キメラゴン
キメラゴン

どうせ見るならできるだけ多くの

理由を含ませたいじゃん?

にんじん次郎
にんじん次郎

そういう意図もあったんだな

キメラゴン
キメラゴン

うんw

 

 

 

 

あらすじ

医師から余命一年を宣告されて、

失意の中にあった平井美雪

病院からの帰り道の途中、

ひったくりに合ってしまう。

 

余命一年に加えさらに

ひったくりに合うという

災難から、声を出して

助けを呼ぶことも、

ひったくりを追いかけることも

できずにいた美雪。

 

ちょうどその前を歩いていた

男性、綿引悠輪

美雪がひったくりに合ってることに

気づき、ひったくりを

追っかけて捕まえ、

カバンを奪い返し

美雪に返す悠輪。

 

その一件からしばらくして

町で悠輪を見つけた美雪。

 

ひったくりに合ったときの

ことを思い出して、なんとなく

悠輪の後をつける美雪・・・。

 

悠輪が向かった先は

路地の奥にあるカフェだった。

そこで働いていることを

知った美雪はなんとなく

そのカフェに入る。

 

その時偶然聞いた話を

きっかけに、

「100万円払うので恋人になってください」

と、悠輪に美雪は

いうのだったが・・・。

 

 

キメラゴン
キメラゴン

本当はもう少し詳しく

書いていきたかったんだけど、

あまり書きすぎるとこれから

見る人に良くないと思うから

ここら辺で終わらしとくよ。

にんじん次郎
にんじん次郎

なんで美雪は悠輪に

そんな大金を払ったんだ?

キメラゴン
キメラゴン

さぁて?w

なんででしょ~w

にんじん次郎
にんじん次郎

え、うざい。

キメラゴン
キメラゴン

ストレートすぎて逆に

傷つかないww

 

 

キャスト

綿引悠輪:登坂広臣

メインのキャストである、

綿引悠輪は

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの、

登坂広臣さんが演じています。

 

両親が早くに死んでしまい、

下の二人の兄弟たちを

自分で養っている強い性格の

悠輪は、自分の先輩が

経営しているカフェに

勤めています。

 

美雪に「恋人になってください」

と言われてからは

いやいやながらも

恋人として美雪に付き合っていく

うちに、美雪に惹かれていく

一面を見せる。

 

見た目はギラギラしていて

ちょい悪のような感じだが、

実際は面倒見がよくて

正義感が強く、

思ったことはなかなか口に出せない

繊細な一面も持っている。

 

 

キメラゴン
キメラゴン

めちゃギラギラしてる。

にんじん次郎
にんじん次郎

天下の三代目さんだぞ。

当たり前じゃないか。

キメラゴン
キメラゴン

まあ、そうだねw

キメラゴン
キメラゴン

個人的にはもう少し優しい

感じの人をキャスティング

すればよかったのに。とか

思ってるよ

にんじん次郎
にんじん次郎

まあ、実際演技力も相当

高かったしいいんじゃね?

キメラゴン
キメラゴン

そうだけど・・・。

そこはやっぱこだわりたい!w

にんじん次郎
にんじん次郎

めんどくさいやつだな

 

 

 

平井美雪:中条あゆみ

ごみかわ~!

 

にんじん次郎
にんじん次郎

ど、どうしたw

キメラゴン
キメラゴン

バリかわ~ww

 

ヒロインである、平井美雪を

演じたのは女優でありモデルの

中条あゆみさん。

 

2018年から少しずつ勢いに

乗ってきて今では大人気の

女優さんです。

 

 

そして肝心のヒロインである、

平井美雪ですが小さいころから

病弱でフィンランドのオーロラに

対する強い思いを抱いてる

キャラです。

 

両親の影響で「オーロラ」

かつ、「赤い」オーロラに

対するあこがれがとても

強いです。

 

本映画でもオーロラは

かなり重要なキーワードと

なっていて、大事な要素なので

必見ですよ。

 

にんじん次郎
にんじん次郎

オーロラにあこがれを

抱いてるのはよくわかった

キメラゴン
キメラゴン

そこさえ伝われば何も

問題ない。

にんじん次郎
にんじん次郎

てことは美雪のキャラは

「オーロラフェチ」って

ことで問題ない?

キメラゴン
キメラゴン

ちょっと違うけど、まあ

間違いはないから正解と

言っておくよ。

 

 

感想

荒れる社畜マン

つまんないよ。

 

適当に濁すのもあれなので

この際はっきりいますが、

つまらないです。

 

何がつまらないのかしっかりと

考えてみたのですが、

以下の理由が挙げられると思います。

 

・悠輪が何故美雪に惹かれたのかわからない
・美雪が最後に「長生きできそう」って言ってしまったため台無し

 

他にもいろいろとありますが、

際立って気になったのは

上の二つでした。

 

今日はこの二つの引っ掛かりポイントに

ついて掘り下げていきたいと思います。

 

 

悠輪が何故惹かれたのか

やはりラブストーリーなので、

最終的に相思相愛という形で

終わるこの映画ですが、

悠輪がなぜ美雪に惹かれていったのかが

よくわからなかったんですよね。

 

そもそも付き合い始めた理由というのが

お金からのスタートで、

「一か月終わったら別れる」

という条件のもと交際がスタート

してるんですよ。

 

この時点で「ビジネス」目線

的な感じで付き合ってるような

フシがあるので、そこから

恋愛感情に一か月で持っていくのは

厳しいのかなと思ったのと、

実際には、3,4回デートをして

美雪が入院することになってしまった

ので普通に1か月も

付き合ってはいないんですよね。

 

なのにどうして好きになった?

 

というのが僕は感じてしまいました。

まあ、恋愛なんて感覚で

するものなのでしっかりとした

説明を求めるのはナンセンス

というものなのであまり

言いたくはないのですが、

この点は僕に引っ掛かりましたね。

 

 

にんじん次郎
にんじん次郎

てか悠輪ちょろすぎ。

キメラゴン
キメラゴン

そうなんだよw

惚れるのが早すぎるw

キメラゴン
キメラゴン

まあ、惚れるスピードで

言ったら美雪のほうが

早いんだけどねw

 

 

 

美雪の問題発言「長生きできそう」

この映画の唯一の取り柄といっても

過言ではない要素の一つとして、

「ヒロインにはもう先がない」

というものがあります。

 

だからこそ、

100万円という大金を払ってまで

悠輪と付き合おうとした

美雪の気持ちに観てる側が

共感できるわけなので、

ここをしっかりとした軸で

展開させていかないとだめだと

思うんですよね。

 

とはいえ、そういうことを言うと、

「最後悲しい結末になっちゃうじゃん!」

とかいう人がいるかもしれないのですが、

それでいいんですよ。

 

美雪が悠輪と付き合った理由も

「残りの一年を楽しんで悔いを残さない」

という理由だったんだから、

「死ぬ間際、美雪は幸せそうだったよ」

って美雪のお母さんに言わせれば

それで全然スジ通るじゃないですか?

 

キメラゴン
キメラゴン

この流れを一番求めてた。

だから最後に美雪が

「長生きできそうな気がする」

といったのはミスなのでは

ないかなと思います。

 

確かに死んでしまうのは悲しいけれど、

「一年間楽しんで最後は美しく散った」

というニュアンスで映画を終えれば、

「雪の華」という

美しくもはかないイメージと

合わせることができたのかなと

思います。

 

 

 

まとめ

顔がこわばる配信者

B級恋愛映画です。

 

とはいえ、記事という形で

詳しく書いていくとこのような

見方になるというだけで

僕は普通に楽しんで見れました。

 

なので、中条あゆみさんを見たいという

方はぜひ見てみるといいと思います。

 

珍しくメガネ姿のあゆみさんが

多く映されているので新鮮でしたよ。

 

キメラゴン
キメラゴン

中条あゆみさん、ありえない

くらいかわいかったなぁ

にんじん次郎
にんじん次郎

お前どの女優さんでも

褒めるじゃん。

キメラゴン
キメラゴン

だって女優さん全員かわいい

んだもの。

にんじん次郎
にんじん次郎

そりゃそうだけどよ・・・。

 

つまり

VR酔して一息ついたところ

すっごい面白い恋愛映画を

アマゾンプライムビデオで見つけて

漁りたい。

 

 

キメラゴンをフォロー▼

 

映画
スポンサーリンク
キメラゴンをフォローする
キメラゴン
キメラゴン

現在中二。
アニメ、マンガ、映画、ゲームを
こよなく愛する生粋のオタク気質。
ただし、運動も可。
ブログは小5の時から少しずつかき続けていたが、
落書きのような記事ではなく、”ガチ”で
取り組み始めたのがこのブログ。
Twitterもフォローよろです。
@kimeragon01

キメラゴンをフォローする
鉄のマシュマロ

コメント